鹿の子百合の球根L(2個入り)

ドイツ人医師シーボルトも愛した甑島の鹿の子百合。



甑島に自生している原種の鹿の子百合の球根です。
鹿の子模様の斑点、下を向いて咲く(お辞儀するように咲く)のが特徴。
江戸時代にはドイツ人医師シーボルトがこのカノコユリの球根をヨーロッパに持ち帰り、品種改良を行い、今のカサブランカが生まれたと言われています。

球根直径:10cm程度
開花時期:7月~8月

※商品のご注文は12/20までとなります。
それ以降はご予約となります。
販売価格 1,700円(内税)
型番 kanoko-01

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ